中国株の最新記事

2004年11月27日

投資初心者でも、株で自己資金を増やせるか?-中国株編- 第9回

ここでは、沢孝史さんのメルマガ「お宝不動産で金持ちになる!」へ連載中のコラムを掲載していきます。
------------------------------------------------------------------------------
●中国株投資における「情報が得にくい」というリスク!?

 中国株特有のリスクとして、前回は、「国家の力が非常に強い
 」という政治体制によるリスクについて取り上げました。今回
 は、「情報が得にくい」というリスクについて、詳しく見てい
 きましょう。

 中国株の場合、「情報が得にくい」といっても、ふたつの意味
 があります。

 まずは、「情報が伝わりにくい」という意味。中国で起こった
 ことが日本の投資家に伝わるまでには、距離的にも言語的にも
 タイムラグがあるのは大前提なのですが、それ以前の問題とし
 て、投資家への情報開示に対する意識の低さが指摘されていま
 す。そのため、いろいろな憶測が飛び交ってしまい、混乱を招
 くこともあります。

 ふたつめの意味は、「”正しい”情報が得にくい」という意味
 。「え??」と思われる方もいらっしゃる方もいるかもしれま
 せんが、中国株の場合は、「これは信用できる情報なのか?」
 ということから吟味しなくてはならない・・・・・いや、ほん
 と、笑いごとではありません(笑)。

 時折日本でも耳にする話ではありますが、中国株の場合、企業
 の粉飾会計疑惑などのニュースが話題を提供してくれる頻度は
 日本の比ではありません。銘柄選びをする際にも、財務情報と
 いうのは非常に重要な指標であると思いますが、そもそも公表
 されている財務データがデタラメでは、全く意味がなくなって
 しまいますので、注意が必要です。

 最近では、私のオットが保有していた「遠東生物製薬」という
 銘柄が、大暴落の果てに強制取引停止という事態になったのが
 記憶に新しいところです。

 この銘柄、日本で出版されている中国株の本でも紹介されてい
 たりして、日本人投資家でも保有している方も多かったとか。
 毎年着実に売り上げを伸ばしており、配当や分割も毎年ちゃん
 と行っていたので、優良企業として紹介されていたようです。

 しかし・・・・・・ある日突然悪夢は起きました。なんと、わ
 ずか1時間のうちに92%の大暴落! 強制取引停止となり、未
 だ取引は再開されていません。

 一体、何が起こったのか??・・・・・・・当初は企業の首脳
 陣とも連絡が取れず、様々な情報が錯綜しました。一ヶ月近く
 たって、どうやらトップによる脱税や公文書偽造などによる犯
 罪訴追問題を大口投資家たちが感知したことが、大暴落劇につ
 ながったという見方で、ひとまずの決着をみました。

 しかし、こうした事態の場合、遠く離れた日本の個人投資家は
 、なす術もありません・・・・・。まさに中国株のリスクを見
 せ付けられた事件でした。

 そして、その日の夜、事態を知ったオットは・・・・・「さす
 が中国株っていう感じだね〜。」という意味不明のコメントを
 残したまま、よろよろと立ち去っていきました・・・・。。

 遠東生物製薬科技の大暴落劇ほど派手ではないにせよ、似たり
 よったりの事件は、時折耳にすることがあります。決して、オ
 ットの持ち株だけが特別な例ではないところが、中国株のコワ
 いところです(笑←いや、笑い事ではないです。。)

 知れば知るほど怪しさ度120%の中国株ですが、こんな中国株
 に、どうして私は投資をしているのでしょうか? 

 次回は、さますのが中国株に投資している理由についてお話します!
 お楽しみに〜。


 さますのの中国株生活や中国株の基礎知識が分かる
 「なげやり的中国株対決!」
 http://www012.upp.so-net.ne.jp/summersnow/china/index.htm
 へも遊びにきてくださいね〜。

----------------------------------------------------------
このコラムは、約2週間遅れで掲載しています。
「お宝不動産で金持ちになる!」のメルマガを購読されると、リアルタイムで読むことができます。しかも!「「お宝不動産」で金持ちになる!」の著者 沢孝史さんが、読者からの物件相談に答えてくれるコーナーなど、不動産に興味がある方必見の内容です。
→購読申し込みは、まぐまぐで!バックナンバーも見れます。
posted by さますの at 23:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1140341
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。