中国株の最新記事

2006年01月19日

日本株も中国株も動きが激しくて、わたわた。

日本株、下げまくってます。東証もストップしちゃいました。
まるで、値動きが激しいことで有名な中国株を見るかのような暴落ぶりです。

しかも、あのライブドアに粉飾決算の疑いまで浮上したらしく
もう中国株も日本株も、変わりないじゃん!っていう気分になってきました。(^^;)

さて〜、日本株のほうですが、
先週、成長株の勉強会が終わってから、勉強会ででた
ソフトウェア・サービス(3733)を買ってみたんです。
(ファンダメンタル的によかったうえ、電子カルテなどのシステムで、
富士通についでシェアを占めてるので良さそうな気がしました。)

キャッシュがなくなってきたので、停滞していた沢井製薬を売って。

しか〜し!この騒動で、あっという間に損切りすることになりました。

さらに「ルールを守って、買値や高値から10%下がったら売るように」という
師匠の言葉に従いまして、成長株投資で買った銘柄のほとんどを売りました。
(結局みんな、こうやって売るから、どんどん下がるんですよねえ・・・ふう。)

一時、含み益が60万円くらいあったサイボウズくんも、さようなら〜。
含み益はあっという間に20万円ちょいに。
”含み益は利益ではない”とは、よく言ったもんです。

成長株で投資したもので残ったのは、マニー柿安本店のみ。
なんとも寂しくなってしまいました。
でもキャッシュが足りなくて、買い増しできなくなってきたので、
丁度よかったのかなとポジティブ思考で(笑)。

この騒動をきっかけに悪循環に入って、しばらく調整(下げトレンド)に
入ってしまうかも・・という不安もある一方、
「一時的なもの」と楽観的な気分もあるのですが、こればかりは分からないので
しばらくは様子見。また買えそうになってきたら買います。

楽観的な見方をすれば、このショックが一時的であれば、絶好の買場到来とも
言えなくもないかもしれません。

一方で、私が持っていた大型株のほうは下げてますが、今のところ、
それほど動きは激しくないので、今のところそのままです。

日本株大混乱の一方で、中国株のほうも最近なにやら騒がしいです。
(→なげやり中国株生活をどうぞ。)

あっちもこっちもで、大忙し。
しばらくは投資ネタのほうに釘付けかもしれません。
posted by さますの at 03:09 | 東京 ☁ | Comment(3) | 株式投資・金融・経済
この記事へのコメント
さますのさん、まる、損切りというよりも資金不足で売っちゃいました。買い直したからいいですよね。。
目移りばっかりで今もあれ欲しいこれ欲しいです。。
うーん。上がるかなあ。。
Posted by まる at 2006年01月21日 22:24
さますのさん、ちゃんとルールを守ることが第一ですよね。それができないとすってんてんになるのも目にみえていますからね。
Posted by フリーパパ at 2006年01月22日 15:35
■まるさん

あ、まるさんも売っちゃいましたか。
私も資金が足りなくなってきたので、
いい機会だったかもしれない・・。

様子を見ながら、私も買いなおしたいと
やる気だけはあります(笑)。

目移りの気持ち、分かるー。
自分が買わなかった株ばっかり騰がるような
気がするんですよねえ・・・なぜだ。

■フリーパパさん

>ちゃんとルールを守ることが第一ですよね

は〜い。(^^) 今回みたいな突発的な出来事だと、ルールを適応していいものかどうか迷ったのですが、師匠に背中を押してもらって、なんとか守れました。自分だけだと、そういうところが曖昧になりそうなのでよかったです。
Posted by さますの at 2006年01月22日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。