中国株の最新記事

2004年12月26日

投資初心者でも、株で自己資金を増やせるか?-中国株編- 第11回

ここでは、沢孝史さんのメルマガ「お宝不動産で金持ちになる!」へ連載中のコラムを掲載していきます。
-----------------------------------------------------------------------------

●怪しさもてんこ盛りの中国株に投資する理由

 前回は、私が中国株投資をする理由のひとつとして、国際分散
 投資のことについて触れてみました。今回は、国際分散投資先
 として、「なぜ中国なのか?」という点について、考えてみま
 しょう。

 ・・・と仰々しく始めてみましたが、複雑な世界情勢など、は
 っきり言って理解できない私が国際分散投資先のひとつとして
 中国を考えている理由は、単純です。

 ・中国が、次の世界経済の中心になると目されている、「BRICs
 」と呼ばれる国々のひとつだった。

 ・BRICsの中では、もっとも情報が得やすく、株式を購入する
 のが簡単。

 う〜ん、こんな単純なことでいいんだろうか・・・私も、ちょ
 っと心配になってきました(笑)。もっと深い分析に基づく理
 由を考えられるとよかったんですが・・・まあ、気をとりなお
 して、順番に見ていきましょう!

 まず、国際分散投資というのは、一言で簡単に言えば、「自分
 の資産の一部で、日本以外の国の資産を購入する」ということ
 でしょう。その際に、まず思い浮かぶ国は、やはりアメリカ、
 そしてヨーロッパですよね。

 欧米は、世界の経済に大きな影響を与える力がありますから、
 国際分散投資の投資先の候補として、考えておきたいところな
 のかなと思います。実際、私も欧米には、少しですが投資をし
 ています(←なんにでも、首をつっこんでいます。。)。

 ただ、いろいろと問題を抱えているのも事実ですから、これま
 でのように欧米主導で世界経済が動いていくかどうかは不透明
 です。そして今、欧米にかわる世界経済の中心になるパワーを
 秘めた国として、注目を集めている有力候補が、「BRICs」と
 呼ばれる国々。ブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字から
 とられた呼称ですね。

 その中でも、中国は、北京オリンピックを控えていることもあ
 り、大本命の有力候補です。さらに、日本に近いぶん、交流も
 多く、他のBRICSの国々に比べれば、情報も得やすく、分かり
 やすいという利点があります。

 あれ? 「この間までは、中国株は情報が得にくいのが、リス
 クだ。」とか言ってませんでしたっけ?? 

 こういうツッコミを入れてくれるあなた!ずっとコラムを読ん
 でくれてるんですね〜。ありがとうございます(感涙)。

 もちろん、中国株は、日本や欧米の企業に比べると情報が得に
 くく、まだまだ情報開示の面でも問題があります。でも、ブラ
 ジルやロシア、インドの比べれば、ず〜っと情報が得やすくな
 ってきているんです。要するに、欧米以外の外国の情報が極端
 に得にくいという偏った状態なのですね、日本は。

 中国株も、数年前までは、その他の国々のように、個人が利用
 できる情報源や日本語の情報も少なく、購入するのも、今ほど
 お手軽ではなかったようです。でも最近は、中国株を扱う証券
 会社も増えてきましたし、投資信託の種類も豊富になってきま
 した。個人でも、ネットで簡単に購入できるようになってきた
 のです。

 今後は、BRICsへの関心が高まってくれば、ロシアやインド、
 ブラジルについても、、中国と同じように、扱う証券会社も増
 えてくるかもしれませんね。

 私は、こんな理由で、中国を、国際分散投資の候補のひとつと
 して考えているわけですが、みなさんは、どう思われますか?

 さて、次回からは、2003年の秋に中国株を始めたときの、私の
 実際の悪戦苦闘ぶり(←というほどでもないですが。)を、お
 送りいたします。「中国には、どんな企業があるのか?」「中
 国株って、どこへ行ったら、買えるのか?」・・・そんなこと
 さえ、想像もつかなかった私・・・果たして、あやしい中国株
 の世界に飛び込むことができるのでしょうか?

さますのの中国株生活や中国株の基礎知識が分かる
なげやり的中国株対決!」へも遊びにきてくださいね〜。

-------------------------------------------------------------------------------

このコラムは、約2週間遅れで掲載しています。
「お宝不動産で金持ちになる!」のメルマガを購読されると、リアルタイムで読むことができます。しかも!「「お宝不動産」で金持ちになる!」の著者 沢孝史さんが、読者からの物件相談に答えてくれるコーナーなど、不動産に興味がある方必見の内容です。
→購読申し込みは、まぐまぐで!バックナンバーも見れます。
posted by さますの at 20:31 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 中国株コラム
この記事へのコメント
こんばんわ。早速見つけましたので、報告させて頂きます。ウワサどおりライブドア証券で中国・香港・韓国株扱うそうです。本日ライブドアの株主総会で発表があったようです。行けなくて残念!たいした話題でないのにコメントしてすみませんmm
Posted by パパ at 2004年12月27日 00:13
パパさん、情報ありがとうございます!
大した話題ですよ〜。
いよいよライブドア証券も参入ですか。

トレイダーズ証券、松井証券、そしてライブドア証券と、続々参入開始。
まだまだ中国株ブームはつづく?
Posted by さますの at 2004年12月27日 19:59
中国株は停滞ムードですね。日本株は外国人が買っているようなので、上がる気配がありますね。中国株の良い情報ありましたら宜しくお願いします。買い増し準備OKです。自己責任で買いますので…

>まだまだ中国株ブームはつづく?
本当に悩ましい限りですね。長期投資と思ってもついつい気になってしまう。低脳株主ですみません。
Posted by パパ at 2004年12月28日 01:17
コメント遅れてすみません。
ちょっと見落としてたみたいです(ペコリ)。

香港株は、年明け、停滞どころか急落してしまいましたね。買い増しのチャンスかもしれません。

そうそう、長期投資と思っても、ついつい一喜一憂してしまうんですよね。私も、煩悩の塊です〜〜。
Posted by さますの at 2005年01月08日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1401308
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。