中国株の最新記事

2006年08月31日

小海線で鈍行旅行

自然の中でリフレッシュするために、
なんでまた、わざわざ清里なんて
えらい遠いところまで行った
のかといいますと、

以前ガイドブックで
夏の小海線の風景がのっていて、その写真が
青い空に白い雲、その下の緑の中を走る電車が
いかにも”夏休み!”っていう雰囲気で、すごくよくって
ずっとあこがれてたんですよ。

で、佐久平まで新幹線で行き、そこから小海線に乗ってみました。

koumi.JPG

2両編成のローカル列車。
ワンマンバスみたいな作りになっていて、無人駅の場合は
電車の中で料金を支払うみたいです。

トンネルが多いせいか、警笛を多くならすのですが
パーンっという機械的な音じゃなくて
”ほっほーっ”というレトロな音が、情緒があっていいです。

私は佐久平から乗ったのですが、
やはり小海から小淵沢の区間の景観がよかったです。

緑のトンネルの中を進んでいくっていう感じで、とても気持ちがいい!

でも、この区間は、混んでて人も多いので、ゆっくり見れないのも難点。
見所には、やはり人が集まるのね〜

座らないで、電車のいちばん前か後ろの、運転席の窓から見る風景が
私はお気に入りでした。

で、行ってみて気付いたのですが、
緑の中を走る電車といった、ガイドブックに乗っていた構図は
電車に乗っていては見ることができないのですね・・・・

行くまで、気付かないってのもマヌケですが
あれは、沿線から見るしかないのか。

あんな沿線近くに入れるスポットというのは、
一体、どこにあるんだろうか?

また、ひとつ謎が増えた。

posted by さますの at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくなこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。