中国株の最新記事

2006年10月11日

秋晴れの箱根って、最高なんだな〜

3連休を利用して、秋の行楽へ行ってきました。
行先は、秋の行楽の定番・箱根!

前日まで、”台風並みの低気圧”とやらの影響で、
ものすごい大雨と風だったのが
まるで嘘かのような、快晴で迎えた1日目。

まるさんによれば、前の日は中秋の名月だったそうだし
あれだけ大荒れの天気から一転しての快晴日和。

よっしゃ〜〜!我々の旅には、追い風が吹いきてますよー!まるさん

というわけで、とりあえずは、快晴の空の下で満喫した
素晴らしい秋の箱根の風景を、ダイジェストで。



仙石原のススキヶ原。
広大な敷地一面のススキが、太陽の光をあびて光
風になびき波を作るさまは、まさに集団の美。



芦ノ湖も、まっさおな湖面が光ってキレイ〜。
遠くには、富士山も見えます。

中央の船は、芦ノ湖を行く遊覧船。
それにしても、どうしてよりにもよって、海賊船の形なのか・・・?

箱根なんだから、もっとこう、江戸時代っぽい船にすればいいのに
と思うのは、私だけ?



旧箱根街道。
きっと弥二さんも喜多さんも、ここを通ったんでしょうねー
(注:弥二喜多は、架空の人物なので、実際は通ってません
あくまでイメージです。)

木々のすきまから漏れる木漏れ日と石畳が、とってもいい風情。
250年前にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。



ザ・箱根とも言うべき定番・大湧谷。

硫黄の匂いがすごかったです。
1個で7年寿命が延びる、黒卵食べてきましたよ。

箱根を、とにかく縦横無尽にまわった2日間でした。
ウォーキングが目的だったので、そんなにたくさん回るつもりはなかったのですが
あんましお天気がよかったので、欲張ってあちこち見たくなっちゃったんですよね。

大成功のうちに終わった、まるさんとの箱根道中ですが
実は、小田急と西武の抗争に巻き込まれ、
いきなり出発点の小田原から出られず、1時間もウロウロするはめに・・・・

その後も、道中の間、「これは西武?それとも小田急?」という難問をクリアしないと
先へ進めない。
まるで、”アメリカ横断クイズ”の出場者の気分?

→箱根縄張り争いの顛末。詳しくは、まるさんの記事をどうぞ。

箱根の旅。詳しくは、ぼちぼちっと書いていきたいと思います。
posted by さますの at 20:34 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | わくわくなこと
この記事へのコメント
さますのさん、
どもども〜その節はおせわになりました。
キレイな写真ですねー。
すすきってこうして見ると猫の背中みたい、なんて思い返してしまいました。元箱根の道も、いま考えるとずいぶん険しかったですよね。

そうそううんうん。。。
なぜまるはそういうことをすぐに忘れてしまうのだろう。(つぶやき)
Posted by まる at 2006年10月12日 00:00
まるさん、どうも〜。

ススキの群れ、確かにネコの背中みたいでしたよね。特に、夕暮れの風の強いときに見た、ウェーブの感じとか。

まるさんの視点って、ちょっと角度が違うって面白いんですよね。ブログも、いかにも箱根旅行記ってとこじゃなくて、ニッチな話題をついてきてたし。さすが、まるさんらしいな〜と思って、読んでました。

なので、私のほうは正攻法で(笑)。(っていうか、それしかできませんが。:汗)
Posted by さますの at 2006年10月12日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25276350
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。