中国株の最新記事

2004年07月25日

出口戦略のノウハウを知りたい!

 最近、インターネットで、中古マンションや投資用物件としてのアパートなどを探してみたりしていますが、なかなか「問い合わせてみたい!見にいってみたい!」と思う物件には出会いません。

 どうしても利回りが良い物件や立地がいいわりに割安な物件は、築年数が古いんです。築年数が浅め(築10年以内)の物件は、どうしても割高か、立地が悪い。

 当たり前といえば、当たり前なんですけどね。満室御礼で利回りもOKの物件で、築浅ならば、持ち主がわざわざ売りに出す必要もないのですから。

 やっぱり築20年以上になってくると、。売りに出る物件が増えるようです。しかも、なかなか売れないのかな?築20年以上の物件なら、ごろごろ転がっています。

 おそらくオーナーさんも、築20年を超えてくると、そろそろ物件も老朽化してきて、家賃を下げないと、なかなか部屋も埋まらないし、建て替えの問題もそろそろ考えなくちゃいけないし・・ということで、「え〜いい!めんどくさい。いっそ、売っちゃえ!」となるのかもしれません。

 そして、新たに物件を購入しようとする側も、築20年以上だと、数年先には間違いなく、建て替えの問題に直面しますので、そのときどうするかということ、つまり出口戦略がはっきりしていないと、なかなか手が出ないのでしょう。

 かくして、築20年以上の老朽物件が、ごろごろあふれているというわけです。

 この出口戦略のノウハウさえ、自分が持っていたら、築20年以上の物件なら、かなり格安で転がっていますから、よりどりみどりなんでしょうね〜。は〜。こういうノウハウを持っている人が、うらやましい。。

 でも、これから大家さんになろうっていう人が、出口戦略のノウハウを持っているわけがありません。きっと昔から大家さんをやっていて、自分が建て替えなどの問題に直面して、悪戦苦闘した挙句身につけるものなんだろうなあ。きっと、そういう大家さんは、築20年以上の物件を購入するのにも、有利な立場にたてるのでしょうね。あ〜、こうして、持てるものは、ますます持てるように・・・。

 結局、不動産投資の1軒目の物件というのは、多少条件が悪くてもしょうがないのかな、という気もしています。大家さん業のノウハウを勉強するという意味で。今、何棟も物件を持っている方たちも、1棟目は、それほど条件がいいものではなかったように思います。だんだん経験値を上げていくことで、お宝物件を手にすることができるのかも。

 そうは言っても、いくらローンを組むとはいえ、やはり何千万の買い物。簡単には妥協したくないのも人情。。

 出口戦略のノウハウを伝えるセミナーとかあったら、けっこういいんじゃないかなあと思いますが、どうでしょうか。そのノウハウがあれば、選択肢が増やせますから・・・。Club Richあたりで、やってくれないかな
posted by さますの at 17:38 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/364867
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。