中国株の最新記事

2004年09月06日

任意売却物件を扱っている不動産屋さんは、どこに?

ずいぶん前ですが、クラビスの「つかださんの日記」で、住宅金融公庫の焦げ付き物件の債権回収を保障する協会のHPの話がありましたが、この間、そこのサイトを見ていたら、なんと私が住んでいるマンションの一室が競売物件として出ていました!

「おお〜っ!」と思い、そこにTEL.。
というのも、その協会では、任意売却も積極的に推奨しており、サイト上で、
任意売却物件を仲介したい不動産業者さんと債権者の橋渡しもしているようなので、
任意売却物件を扱っている不動産屋さんを教えてくれるのではないかと思ったのです。

電話の結果は、「お教えできません。」
という素っ気無いお言葉。。
任意売却を推奨しているというなら、教えてよ〜。くすん。

結局、そのマンションは競売情報からは消えてしまいました。
どうやら競売にかけられる前に取り下げられた様子。
任意売却だったんだな・・・・・きっと。。

それにしても、任意売却を扱っているのって、どこなんだろう。
やっぱり足で探すしかないのかな。

追記:「お宝不動産で金持ちになる!」ブログによると、やっぱり可能性のあるところに、声をかけておくしかない様子。私も、とりあえずは、信託銀行に口座を開くか・・・。
posted by さますの at 22:40 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
任売やっている不動産屋さんは、看板も出ていないという噂も・・・。
私のところには、メール、ファックス、いろいろ来ますよ。
ただ、結構、即決できるという環境がないと情報が入っても難しいですよね。
すぐ、見に行ける。判断できる。現金があるか、銀行がすぐに融資をだしてくれる。など諸条件が整っていれば、情報は入ると思います。
競売を扱っている不動産屋さんは、任売もやると思ってもいいかも。
ただ、ダーディーな要素もあるんだと思います。
自分で、登記簿をとり、権利関係などは、チェックして、できれば自分で交渉してもいいと思います。
競売にかかっているものも、取り下げられるので、挑戦してもいいのではないでしょうか。
Posted by キュリオス at 2004年10月23日 23:50
キュリオスさん、貴重なアドバイスありがとうございます。感激です。

そうなんですよね・・・・・情報が入っても、すぐに判断できる知識や条件を整えておかないとダメですよね。

そういう意味では、任売に挑戦する前に、市場に出回っている物件をいろいろ吟味して、判断力を養っていく訓練が必要なのかと・・・・。

それから、後半で紹介していただいた方法は、競売に出ているものを、不動産屋さんを通さないで、自分で交渉するという方法もあるということで、解釈は間違ってないでしょうか? 
Posted by さますの at 2004年10月24日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/553688
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。