中国株の最新記事

2005年10月24日

ラジオNIKKEI中国会社情報の新刊

ユナイテッドワールド証券から、中国会社情報の最新号(2005年冬号)が送られてきました。ざざっと、どんな感じか見てみましたので、簡単に感想。

ラジオNIKKEI中国会社情報(2005年冬号)
良い点その1:データが見やすい

基本的な路線は前号と一緒ですが、レイアウトに工夫を凝らして
さらに見やすくなってきました。

以前は、フォントやレイアウトの関係で、やけに見づらく安っぽい感じで
「もう少し、なんとかならんもんか。」と正直思ってました。

折角、トランスリンクやサーチナのものとは違う特色があるのに
読む気がしなかくて、勿体ないなーと。

でも前号から、劇的に改善され、見やすくなったため、私の中では株価上昇中。

私は、あまり目がよくないため、見開き2ページで、数字がくっきり大きいのも
ポイントが高い。老眼の方も、嬉しいのではないでしょうか。

良い点その2:ブローカー予想が充実


内容は、さらにブローカー数社の業績予想やレーティング、目標株価などを加えて
さらにデータが充実しています。

まあ、ブローカー予想が、どこまでアテになるのかは分かりませんが
機関投資家の動きというのは、やはり大きく影響するので
彼らが、どう考えているかっていうのを知っておくのは、
短・中期的な株価の動きを予測したい場合には大事かも。
(↑よく知りませんが・・・・:汗)

データ類も、サーチナやトランスリンクのものと遜色はないと思います。

良い点その3:年4回発刊なので、直近決算のカバーが早い

現在のところ、年4回発刊はここだけなので、これは強味。


悪い点

香港株210銘柄と、取り扱い銘柄が少なめです。

私みたいに、メジャー銘柄で香港株中心の人には、十分かもしれません。
ただ、そんな私でも、本土株のことを見たいこともあるので
本土株用にトランスリンクかサーチナのものは用意しておかなくてはなりません。
(トランスリンクのは、内藤証券のセミナー参加で貰えることがあるので
これをゲットする方法はありますけど・・・・←せこい。)

でも1冊の値段は、2500円と他社のよりも少し安いんですよね。
まあ、年4回発刊分を全部買ってたら、トータルでは高くなっちゃうので
それもまた、なんともビミョーな感じですが。。

とまあ、ざっと見た感想は、こんな感じでした。

トランスリンクやサーチナのものとの比較したい方は、比較一覧表を参考にしてくださいね。


※ご購入を検討されている方は、amazonだとマーケットプレイスに多少安く出品されていることもありますので、チェックしてみましょう。

♪中国株に興味がある方は、 「なげやり的中国株対決!」へもどうぞ。
10/22 セミナー情報更新しました。

♪中国株以外の投資にも興味がある方は、bogランキングで人気投資ブログもチェック!
posted by さますの at 20:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。